子育てストライキ

3人の子供たちとのドタバタ絵日記。「やりたいことをやらせる」をモットーに。やらせすぎてイライラするときは育児放棄。毎月キャンプに行きます。毎日レゴしてます。

【4コマ漫画】秘術。娘を使って旦那を起こす。

f:id:LegoFamily:20180523231828j:plain

こんにちは。

我が家の子供たち(7歳♂,4歳♂,2歳♀)のやり取りがとても楽しいので、定期的に4コマ漫画を書いています。


旦那の目覚まし



あたしも可愛い声で起こせば1回で起こせるのか?!

そうなのか?!



親の背を見て育つ?



即答しなくてもいいじゃん。

軽いジョークじゃん。

でも、気付けば鬼ババアになっちゃってるので反省です。




2週間に1回くらいのペースで4コマを描いています。


面白ければ、はてなブックマークお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらもおすすめです↓
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp

子供の偏食はどうすれば治る?! ~成長とともに改善した長男の偏食~

f:id:LegoFamily:20180523231828j:plain

こんにちは。

みなさん、お子さんの偏食に悩んでおりませんか?

我が家の長男(7歳)も、小さな頃はすごい偏食でした。

ですが、年齢とともに、改善されて、今では偏食はほとんどなくなったと思います。

今回は、長男の偏食遍歴について、まとめたいと思います。



離乳食完了頃の偏食っぷり


そもそも、離乳食があまり好きではなかった長男。

一人目だし、離乳食作り頑張ったんですけどね。

残飯捨てまくりました。

私が作るのがダメなのかと思って、市販の離乳食も買って与えてみると…余計たべない。

金の無駄。

押しても引いても、食べないものは食べない、という0歳児でした。


そして、完全食に移行した一歳過ぎ。

偏った食材しか食べない子どもになってました。


[絶対食べてくれるもの]

ご飯、ひきわり豆腐、味噌汁の汁だけ、麺類の麺だけ、鮭、シラス、鰹節、バナナ、いちご、スティックパンやお野菜パンなど少し甘さのついたパン、ヨーグルト

だし味は好きだけど、砂糖と醤油を使った味付け(例えば肉じゃが)は嫌いでした。

野菜という野菜をほとんど食べてなかったです。
入ってると分かると口開けない。


ご飯に混ぜて隠して口に入れたら、出す。

食べる量はすごくムラありました。

規定量食べた記憶なし。


[かなり気分のいい時]
お好み焼き。(少量ですが)

お好み焼きを食べてくれた時は感動しました。
野菜食べてくれた!って嬉しくて…ちょくちょく作ってたら、食べなくなったけど…


長男のこの頃のオヤツは、おにぎり、おせんべい、果物、ゼリー、プリン、豆乳(牛乳は断固拒否された)あたりだったかな。

保育園で働いていた時に、園で出していたオヤツを思い出して、多少意識していました。


まだこの時は母乳飲んでました。

あまり食べないけど、体重も身長も、平均より少し上をずっとキープ。

今、思い返してみると…結構食べてたのか?と。

でもあの頃は、周りの子はちゃんと野菜食べてるのに、と不安になり。

私の離乳食の進め方が悪かったのかな、決まった物しか食べないし、体に悪くないのかな、とか、色々思いました。


2歳〜3歳頃の偏食っぷり


緑じゃない野菜を細かーく切って作るチャーハン(卵が嫌いだったので、卵なしで作ってました)

玉ねぎやニンジンをすりおろしてハンバーグにイン

餃子

カレー(野菜は食べない)

チーズトースト

など、少量でも食べてくれる日が出てきました。

相変わらず、新しく出される物はかなり用心深く観察してる様子でした。

食べさせる前に味見してたし、変なのもの食べさせてないはずなのになー…


我が家の餃子は、ほぼ野菜(ニラ大量)、お肉少し、その代わりチーズ入れます。ニンニクなし。
その配合が良かったのか。

旦那が餃子大好きで、週1で餃子作ってたので、美味しそうに食べまくるパパの姿に興味を持ったのか。

いきなり食べるようになりました。


それが結構救いになってました。

ご飯、味噌汁だけ。

うどん、果物、豆乳だけ。

そんな日が続いても、餃子でカバーしてる気分になってました。

まだ肉はミンチ以外はほっとんど食べなかったです。

ニラ食べれるくせに、なんで無難な野菜たちが食べられないのか、本当に謎でした。

幼稚園前半の偏食っぷり(年少〜年中)


我が子の通っている幼稚園は、週2でお弁当があります。

さて、何入れよう。

おにぎりは食べれる…
ミートボールは食べれる…

フルーツ入れないと隙間が埋まらないからフルーツは絶対。

ブロッコリーやミニトマトがたまーに食べれるようになっていたので、残してきてもいいから、入れよう。

卵は嫌いで、使えない。

芋系も嫌いで、使えない。

枝豆無理。


なので、年少の頃は毎回上記のものを入れてました。

園の給食は、子どもが好きなメニューばかりだったんですが、ウィンナー、ハムカツ、コロッケ、卵サンド、など、特にメインを断固拒否で食べません、と先生から言われてました。

給食の日は一体何食べてんだ、といつも思っていたんですが、無理強いはしない方針の園なので…給食の日は結構お腹減らしてたと思います。

帰ってきてから、おにぎり、バナナ、カレーパン、肉まんなど、お腹にたまるものを欲して、食べてました。


空腹過ぎるタイミングで、野菜出せば食べるのでは?と思われる方もいるでしょう。

私も保育士として働いてる時、そう思ってました。

野菜食べない子何人かいたので。

「帰ってすぐ、朝茹でた野菜を先にテーブルに置いておけば、お腹空いてるのでそれを食べててくれるから、その間に夕飯の準備してるんですー。」

って話を聞いて、素晴らしい!私も実践します!と思ってたけど。

色んなママさんの話と、我が子の様子から分析すると、

食べる子は食べる。
食べない子は余計愚図って、対応が大変になる。

我が子は後者。


偏食を直してあげたいとは思うけど
、無理やり食べさせたり、苦手な物しか出さない、というやり方は嫌でした。

市販のドーナツやパンもあげてましたが、ただでさえ食生活に不安があったので、甘い系のオヤツ作れる時は作ってました。

簡単なレシピを検索し、バナナケーキや、ニンジンとりんごのケーキ、かぼちゃケーキなど。

小松菜ケーキは、小松菜の食感を消す手間かかったのに全然食べなかった…


家での食事内容は、そんなに変わりなし。

相変わらず甘辛い味付け(砂糖と醤油の味付け)食べない。

シチュー、ポトフ的な味付けも嫌い。

ミンチ以外の肉、食べない。

具なしの麺類大好き。

ご飯、豆腐とわかめの味噌汁大好き。

フルーツは、バナナ、みかん、イチゴ、ぶどう、りんご、が食べれるようになってました。

ビタミンはフルーツからお摂りください、って感じでした。


幼稚園後半の偏食っぷり(年長)


年長になると、また少し食べれるようになりました。

今まで見向きもしなかった食べ物も、何それ!食べてみたい!という気持ちが出てきた感じです。

一口なら、と言ってくれることも!

そういう意味で、食べなくても食卓に出し続けるのは大事だと思いました。

レタス(ドレッシングやマヨで)

ひじきの煮物(野菜は避けてひじきだけ)

唐揚げ

ハム

皮なしウィンナー

ポテトサラダ(ポテトとゆで卵潰したシンプルなものなら食べた)

ゆで卵の白身だけ

きゅうりオンリーの酢の物

オクラのおかか和え


野菜と肉を混ぜて作ってある彩りの良い料理は、嫌みたいでした。

肉だけ、野菜だけ、みたいに置いてあげると、たまに食べたりしてました。

それでも、今日は野菜は無理!の日もありました。

年長になると、小学校の給食のことが頭にちらつき始めます。

給食って、基本野菜をしっかり使ってあるし、肉や魚と野菜が混ざっている料理がほとんど。

長男が苦手とする調理のメニューばかり。

牛乳も大嫌いだし。

それこそ、ここからは長男が自力で乗り越えていくしかないかな、と。

心配だけど、なるようにしかならない、と思ってました。


小学一年生の偏食っぷり


近所に、給食が嫌いすぎて学校行きたくない、と言って毎朝泣いてるという1つ年上の男の子がいて。

我が子もその予備軍だ…毎朝学校送ることになったらどうしよう…と思っていたのですが、それはなかったです。

ホッ。

でも、給食はかなり担任の先生のお力を借りたようです。

家庭訪問でも、給食ネタで時間の半分を使うという…

でも、この先生が無理強いせず、気長に長男の背中を押してくださったおかげで、一年の終わりにはかなり食べれるようになってました。

苦手な牛乳も、学校でなら飲めるようになりました。

家でも、野菜が美味しい!とミラクルな言葉を発するようになりました。

まだ甘辛い味付け、シチュー系は苦手でしたが、野菜と肉、魚が混ざっていてもそこそこ食べれるようになりました。


小学二年の現在の偏食っぷり


生野菜のサラダもバリボリ食べれるようになり、焼肉の肉も美味い!と言うようになりました。

ミンチしか食べなかった頃が嘘のよう。

「肉じゃがって美味しいんだよ、ママ!知ってた?」って、知ってるわい!!

やっと…その味付けの美味しさに気付いたか。

日本食の美味しさに気付いた7歳。


まぐろの刺身、イクラ、大好き。

金かかるようになってきた…

食べる量もすんごく増えて、普通に私より食べます。

怖いくらい食べます。


かまぼこ系の練り物

臭みのある魚の煮物

豆類

は、まだ苦手です。


持って帰ってくるのは本当にやめてほしいけど、私も豆類はかなり大きくなるまで苦手だったし気持ちは分かります。

でも、苦手な物が指で数えられるくらいになってきたので、本当にホッとしてます。

というわけで、二年生になって、ほぼ偏食への不安はなくなりました。

文句は言うけど、食べるので。


まとめ


なかなかの偏食具合の幼児期を乗り越えた長男。

でも、調理の工夫なんて関係なしに、強烈な野菜をいきなり食べるようになりました。

それは、パセリ。

年長の時に、うさぎが人間に化けてレストランにやってきて、オムライス?かなんかに添えてあるパセリを美味しそうに食べる、というお話を読みました。(題名忘れた)

『パクパクパセリ』っていうフレーズがあって、可愛いお話でした。
読み終えると、「パセリ美味しそう」と言ってたんです。

家で料理にパセリを添えることなんて皆無ですが、ある日の外食の時にパセリを見て、長男は自らすすんで食べました。

大人でも、パセリそのまま食べろって言われたら、ちょっとキツイ…って思うのに、変な顔しながらも、「へぇー、こんな味か!」って、ゴックン。

それから長男はパセリ食べるようになったんです。

お刺身に添えてあったら、わさび醤油つけて食べてたり。

もちろんそのままでも食べてます。


パセリ食べれるなら、もう何でも野菜いけるじゃん!!って叫びたくなるけど、そうはいかなかったです。

本当に不思議なんですけどね。


今回は長くなったのでここまで。

ささやかですが私の調理の工夫や、偏食がもたらす様々な影響について私が感じたことも、また書きたいと思います。






はてなブックマークお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらの記事もどうぞ↓
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp

1000冊以上の児童書を集めた我が家が絵本をおすすめしていく vol7 〜せなけいこ〜

f:id:LegoFamily:20180523231828j:plain

こんにちは。

我が家には、1000冊以上の児童書があります。

長男が生まれたくらいの頃から、コツコツ集め続け、毎月1万円は使ってきたでしょうか。

6年、7年と経つうちに、今ではすごい量の本棚になってしまいました。

せっかくなので、集めた中からおすすめの本を紹介していきたいと思います。

2週間に1回くらいのペースでおすすめしていきます。



はじめに

1000冊の中からどの本を選ぶか、毎回楽しんでいます。

前回は安野光雅の絵本を取り上げました。
www.familyblog.jp


今回は、せなけいこの絵本の紹介をしたいと思います。

せなけいこについて


自分が幼い頃もせなさんの絵本に親しみ、我が子もせなさんの絵本で育ちました。

そういう人たくさんいるんじゃないでしょうか。

うちもそんな親子です。

短いストーリーの中に、我が子にも読み聞かせてあげたいと思わせる面白さ、楽しさが詰まってる。

そんな絵本だなーと思います。

絵本作りのヒントは、子育て経験から。
そして、一番のこだわりは独創性。

その2つが合わさって、数々のベストセラーが生まれました。

一番の読者は我が子です、とおっしゃるせなさんは、お子さんが当時好きだった妖怪の絵本を作るために、民俗学を学んだりしたそうです。

確かに、ねないこだれだ、おばけのてんぷらなど、おばけが出てくる絵本多いです。

子どもが喜んでくれる、それが一番の原動力だったそうで、それは今も変わらない。

子どもから、日常の一コマから、絵本のエキスを集めているそうです。


いやだいやだ

いやだいやだ (いやだいやだの絵本)

いやだいやだ (いやだいやだの絵本)

絶賛イヤイヤ期の、ルルちゃんのお話。

子育てしていると、なんでもイヤイヤ言う時期ありますよね。

ママは毎度毎度、イヤイヤに付き合わされて、可愛いけど困っちゃう時期でもあります。

そんなルルちゃんに、警告です。

いやだいやだばかり言ってたら、まわりのみんなも、大事なクマちゃんも、いやだいやだって言うよ。
そしたらルルちゃん、どうするの?

そして、悲しそうなルルちゃんのお顔で、フィナーレ。

読み聞かせた我が子も、ルルちゃんの気持ちになっちゃうのか、悲しそうな顔…

でもすぐニヤリと笑って、「もう一回読んで!!」と催促される絵本の1つです。

あんまりにもイヤを連発されると、私も『いやだいやだ』の絵本を真似して、「じゃあママもいやだ!」と言ってみます。

そしたらやっぱり悲しそうな顔するんです。

それがまた…可愛い。から、抱っこしてチューってしちゃうんですよね。





あーんあーん

あーんあん (あーんあんの絵本)

あーんあん (あーんあんの絵本)

この絵本、長男が大好きで大好きで…恐ろしくリピートさせられました。

はじめはボクだけがあーんあん、と泣いてるのに、どんどん、あーんあんの仲間が増えて、ついに泣きすぎて魚になっちゃった。

びっくりな展開だけど、ママが、バケツと網を持って、ボクを助けに来てくれて、ハッピーエンド。

ページをめくるごとに展開が変わって面白いし、短いお話だけどワクワクドキドキするんだろうと思います。

これくらいの絵本の長さなら、子どもはすぐフレーズを覚えます。

なので、一人でもページめくりながら読んでる姿を見かけます。
「あーんあん!」っていう言葉にちゃんと気持ち込めていて、すごく可愛いです。

2歳の娘も、絶対手に取る絵本です。




ねないこだれだ

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)

この絵本を知らない人はいないんじゃないか、と思うくらいのベストセラー絵本です。

我が子たちが大好き過ぎる絵本。

表紙のおばけ、普通に怖いですよね。

私が読み聞かせをしている間、すっごく真剣な顔で聞いている我が子。

9時を過ぎても起きている可愛いお子様が、おばけに連れ去られていくラストのシーンで、子どもたちのドキドキはマックス。

この絵本も、何百回読めばいいんですかってくらい読みました。

でも、毎回飽きずにドキドキしてるみたいなんですよね。

怖い!!ねないこだれだちゃん(おばけ)嫌だ!!って言うのに、モーレツリピート。

せなさんの絵本って、子どもの心をがっつり掴むエキスが凝縮されて入ってる。

そう思わせるくらい、恐ろしいリピート率なんです。

2歳の娘は、ねないこだれだちゃん描いてー!って私に紙とペンを持ってきます。

描いてあげると、マジな顔でビビってます。
「はい!」って紙を渡すと、「いやだ。」って受け取り拒否。

じゃあなんで描いてって言うの笑?って思うけど、ワクワクドキドキ感が堪らないのかなー。


面白ければ、はてなブックマークお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらの記事もどうぞ↓
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp

かわいい子供たちが虫歯になって学んだこと!歯磨き以外に気をつけること。

f:id:LegoFamily:20180523231828j:plain

こんにちは。

我が家の3人の子供たち(7歳,4歳,2歳)は、毎晩私か夫が仕上げ歯磨きをしています。

ですが、ついに3人とも虫歯になってしまい、親にとっても子どもにとっても、大変な歯医者通いを経験しました。

今回は、子どもが虫歯になって学んだことと、歯磨き以外の我が家の工夫をお伝えします。


虫歯になりました


子どもたちには、朝の歯磨きは、基本セルフでお願いしていて、ママやって!と言われたらお手伝いしてます。

夜の仕上げ磨きは必ず親がしています。

夜は時々フロス(歯間ブラシ)を使用。

おやつの時間の飲み物は、ジュースではなくお茶か牛乳。

ダラダラ食べもしないよう気をつけて。

特別すごーく気をつけていたわけではないですが、普通にケアしてきたつもりです。


そして…3人とも虫歯になりました。

長男は年長で。

次男は3歳で。

長女は2歳で。

歯医者さん曰く、おやつの種類が原因ではないかと。

上の子の食べる物に完全に影響され、下の子も早くから同じ物を食べていたのが、大きな要因のようです。


長女は、一歳半頃から、ラムネやグミを拾い食い(兄たちが落とすから)。



また、日頃から兄の習い事に連れ回しているため、下の子には大人しく待ってもらうための手段でオヤツを使うことも…ありました。

周りのママも、同じように下の子にオヤツあげてたりしたので、そんなもんだ、仕方ない、と自分に言い聞かせてみたり。

そして、歯医者さんに超怒られました。

今時、3歳でも虫歯がある子は10%ほどたよって。

全然ケアしてなかったね的な事を言われ、そんなことない!と思ったけど、実際虫歯になってるんだから、言い訳出来ません。


甘いの食べ過ぎと、きちんと磨けてない。

そこに尽きるんですね…


我が家の生活の様子を聞かれ、食べさせてはいけないオヤツを与えている!今すぐオヤツを改めろ!と注意されました。


おやつを考える


歯医者さんで、絶対ダメ!!と言われたのは、ラムネ、グミ、飴、クッキー、チョコ。

チョコは気にしてほとんどあげてませんでした。

飴は喉に詰まるんじゃないかと心配であげれず。

じっとしてくれない子たちなので。


そんなわけで、我が家の問題オヤツは、ラムネとグミ。

口の中にいつまでも残るので、虫歯になりやすくなる、と。

ラムネ、グミって、口の周りも洋服も手も、ほとんど汚れないオヤツなんですよね。

もちろん車の中も、家の床も。

なので、親にとって、便利なオヤツ。

でも、子どもの歯にとっては最悪最低なオヤツだそうです。

あと、せっかく虫歯を治したのに、詰め物を取ってしまうオヤツの代表は、ハイチュウ、キャラメル系。

あれも歯に思いっきりくっつくから、ダメだって。

次男が大好き…アウトですね。


口の中に留まりにくい甘いオヤツとしては、プリン、アイス、ヨーグルト、ゼリー。

この辺はオッケーです、と言われました。

でも、このオッケーが出たオヤツは、口周り、洋服、手、床、モーレツ汚れるんですよね。(寒い時期にあまり与えたくない冷たいオヤツでもある…)


2歳に食べさせるなら、絶対傍に付いていたい、と思わせる種類です。

歯を取るか、服や床の掃除を取るか…もちろん歯です。


歯です!!!(大事だから二回言う)


そんな経緯から、我が家も以前よりお菓子の種類に気をつけるようにしました。


シーラントで歯の溝を埋める


娘だけは、小児歯科専門の歯医者へ通っています。

近所にあるいくつかの歯医者さんは、小児歯科、と書いてあっても、2歳だと様子見だったり、進行止めを塗るだけの処置が多いです。

2歳で治療してくれるところは、私たちの住んでいる辺りには、あまりないみたい。

でも私は治療してもらいたくて、探しました。

その小児歯科専門の歯医者さんは、とにかく予防に力を入れている所でした。

歯に溝が多いと、そこに汚れが溜まり虫歯になる、と。

ゆえに、虫歯の治療の後、虫歯になりそうな溝を埋めまくってくれました。


娘は泣きまくりでしたが、出来るだけ10分で終わるようにします、とのこと。

なので、私も10分泣いてれば終わるから、という気持ちで送り出しました。

2歳の娘は、歯磨きを丁寧にやりたくても、まだ難しいので、本当にありがたい処置だと思いました。


口移しをしない

これは、長男が赤ちゃんの頃にも言われてたなぁ、と思います。


乳歯の奥歯が生えてくる1歳半ごろ〜3歳頃が、むし歯の原因となるミュータンス菌が親子感染しやすい期間だそうです。

口移しをしない他、コップや食器類は使い分けるなどの対策が大事とのこと。

性格テキトーな子沢山の親代表の私としては、コップや食器を個別に使い分ける、というのは、究極面倒くさい!!

洗い物増えるようなことは極力避ける。

そっちに思考力を使っていました。


そして…チュー。

もう可愛くて可愛くて、3人ともチューしまくって育てました。

大人の口の中の虫歯菌を、次々プレゼントしていたんですね。

我が子3人とも完全にアウトー。

はい、親のせいです。

本当にごめんね、子どもたちよ。





まとめ


今回は、子どもが虫歯になって学んだことや、歯磨き以外の虫歯対策について書いてみました。


普段食べるオヤツは、歯医者に勧められた物や、果物、おせんべい(甘くないお菓子系)、おにぎり、チーズ、あたりです。


とはいえ、普段気にしているNGオヤツたち、どんな時も絶対ダメってことにはしてないです。

スーパーで1つだけオヤツ選んでいいよの時、お友達とパーティする時など、オッケーにしてます。


遊ぶ約束してるお友達が持ってくる、もしくはお友達のお宅で食べる、というのが一番頻度として高いです。

そう思うと一週間に2、3回は食べてます。

生死に関わることでもないのに、目の前にあるのに食べちゃダメ!!っていうのは可哀想すぎる。


なので、「今日食べたオヤツは虫歯になりやすいから、あとで丁寧に歯磨きしようね」と声掛けてます。


実際に虫歯になるかどうかは、甘いものを食べ過ぎているとか、歯磨きがきちんと出来ていない、ということが大きく影響します。

やはり、子どもに意識させるのは大切かな、と!!

ダメ!というのは簡単だけど、自分の身(歯)は自分で守っていかなきゃですからね。


歯磨き嫌なら、オヤツは食べれないし、虫歯になるし、なったら治療に行かなきゃいけない。

それだけは嫌だ!と、抵抗する姿勢を見せながらも歯磨きしている我が子たちです。


あと、長男くらいになると、歯磨きを怠ると口が臭くなって、みんなに嫌がられる、というのも効果的。


歯の健康の維持は本当ーに大変ですが、引き続き親子で頑張りたいと思います。

次の定期検診が怖い私。
3人分、ドキドキヒヤヒヤ…。



はてなブックマークお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらの記事もどうぞ↓
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp

【4コマ漫画】おばけを信じる子供たち

f:id:LegoFamily:20180523231828j:plain

こんにちは。

我が家の子供たち(7歳♂,4歳♂,2歳♀)のやり取りがとても楽しいので、定期的に4コマ漫画を書いています。


スポーツの秋



やる気があるのはいいことです。

子どもたちのやりたいことは、応援してあげたいですからね。

その前に、本当の空手を見せてあげないと…



ねないこだれだちゃん



今、小2の長男も、半信半疑ながらまだ信じています。

可愛く育ってくれてありがとう。

いつまで信じてくれるんだろう…楽しみです。

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)






2週間に1回くらいのペースで4コマを描いています。


面白ければ、はてなブックマークお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらもおすすめです↓
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp

かわいい子供たちの虫歯を予防!歯磨きの工夫について。

f:id:LegoFamily:20180523231828j:plain

こんにちは。

我が家の3人の子供たち(7歳,4歳,2歳)は、毎晩私か夫が仕上げ歯磨きをしています。

ですが、最初からすんなりやらせてくれたわけではなく。。。この8年弱相当苦労しました。

今回は、我が家の歯磨きの工夫をお伝えします。



歯磨きを嫌がる子供たち


初めから歯磨き大好きで、大人しくやらせてくれる子って、どれくらいいるのでしょうか。

それくらい、歯磨き、仕上げ磨きって、親も子も悩ませます。


うちの場合、特に一番上は、歯が生えて歯磨きしなきゃとなってから、ひたすら超嫌がりました。

これ何?
なんで口の中に入れられるの?
なんでいつまでも口に入れられなきゃならないの?!

楽しいもんでも何でもなかったと思います。

絵本を読み聞かせたり動画見せたり歌を聞かせたりしても、嫌なもんは嫌。

いっぱい褒めても、なだめてもダメ。

かなり大きくなるまで、押さえつけてやってました。

でも、そもそも口を開けない。

泣いて大口開けた瞬間に急いで磨く。

長男はもちろんのこと、私も歯磨きタイムは大嫌いでした…


第一子に比べると、下の兄弟たちは本当に得です。

兄がやってるのを見てるので抵抗感があまりない。

2歳の娘はまだ嫌がりますが、嫌がり方が全然まし。

私も、泣かれるのに慣れた笑。

3歳過ぎると、かなりすんなり仕上げ磨きやらせてくれるようになる時がくると確信してます。

あと少しと思って、なだめたり褒めたり、時には押さえつけ、時間かけてやってます。


虫歯の怖さを伝える

こちらの話がよく分かるようになると、虫歯の話を聞かせます。

ムシムシバイキンちゃんがお口にくっ付いたままだと、痛くなっちゃうよ、と。

脅しでも何でもなく、事実です。



虫歯になっちゃって、歯医者で虫歯の治療される方が、家で押さえつけられて歯磨きされるよりよっぽど辛いと思います。

なので、「痛い」という言葉が分かるようになったり、ばい菌が嫌なものだとなんとなく分かるようになったら、話してきかせました。

上二人は歯医者で治療したことがあるので、治療の不愉快さと歯磨きの大切さは知っています。

なので、歯磨きは結構頑張ってると思います。


我が家の歯磨きの工夫


1、とにかく褒める。

これは大事ですね。

楽しくもない歯磨きを頑張ってるんです。

口を開けたら褒める。

歯を見せてくれたら褒める。

上の歯磨けたら褒める。

セルフでやっている時は、下手くそでも、やったこと自体を褒める。

仕上げ磨きは、途中、休憩入れてあげてもいいと思います。
ずっと口開けてるのもしんどいと思うので。

歯磨きタイムは寝る前にはなりますが、機嫌のいい時の方がよりベストですね。

眠くてグズグズになっちゃうと、そもそも口を開けないので。我が子は。


2、数を数える。

歯磨きを終える前に10数えます。

10数えたら終わるんだ!と子どもが思えて、その間だけでも静かになったりしますよ。

ならない時もありますけど。
子どもは気分屋なので。

2歳の娘も、数は分かってないけど、このフレーズが終われば歯磨きが終わる、と分かってます。


数でなく、歌を歌ってあげてもいいと思います。
このお歌終わったら、歯磨きも終わりだよ、って。


3、歯磨きが終わったらキシリトールタブレットを与える。

キシリトールには、口の中の酸を抑える働きがあるとか。

甘くてラムネ感覚らしいです。私は食べたことないけど。

歯医者をしていたママ友も子供にあげていたし、通っている歯医者にも勧められたので、半年ほど前から仕上げの後に与えることにしました。

とはいえ3人分なので、一袋あっという間に無くなる…

基本的に夜だけあげてましたが、最近朝も子ども自ら取って食べてます。

子供達は毎回すごく喜んで食べてますよ。

歯磨きのあとのご褒美効果はかなり高くて、毎回泣き喚いていた2歳娘も、これですんなり歯磨きさせてくれる回数が増えました。


虫歯系の良い本

我が家にある歯磨き系の絵本で、子供たちが好きな本は、

ノンタンのはみがきハーミー

ノンタンはみがきはーみー (赤ちゃん版 ノンタン8)

ノンタンはみがきはーみー (赤ちゃん版 ノンタン8)

ノンタンの絵本は、とにかくリズムが良くて可愛い。

『はみがきハーミー、しゅこしゅこしゅっしゅ』

というリズムを覚えたら、子供と歯磨きしている時にもお歌感覚で使えます。



かこさとしのはははの話

はははのはなし (かがくのとも絵本)

はははのはなし (かがくのとも絵本)


この絵本は、虫歯になったらこうなります、虫歯にならないためにこうしましょうって内容です。

虫歯になってる歯が痛そう笑。

絵本のストーリーがある程度理解できるようになったら(うちは年少さん頃から)読めます。

年少さんにはまだ話が長いと思ったら、要約して読めばいいです。

虫歯で歯が溶けてる様子が上手く書いてあるので、絵を見てるだけでもよく分かります。

長男は、これで虫歯への恐怖心を育てたようなもんです。

歯磨きしないと、怖いね…

歯を強くするためには、こういうのが大事なんだね、ママ!ってね。




まとめ

今回は、我が家の歯磨きの工夫について書きました。

何事も、目の前の子供に合わせた工夫が大事ですね。

とはいえ、夜の仕上げ磨きは最後の大仕事。
3人を褒めてなだめて押さえつけて、なので、本当疲れます。

毎日、これが終われば寝れる!と気合い入れてます。

私も疲れ切ってるので、いやだー、後でー、これ終わってからー、とか連発されたら、簡単にプツンといきます。
強制仕上げ歯磨きタイム。

妊娠後期になり、下を向くのが苦しくて苦しくて。

でも、絶対やらなきゃ!と自分にムチ打ってやってるのに…定期検診で、虫歯になりそうな怪しい歯がありますね、と。

悲しい…

結局3人とも、虫歯の治療はしました。
近所の歯医者さんはどこも激混みで、兄弟同時に予約取れることはまずないので、3人バラバラの時間で治療に連れてくのが本当に大変でした。

虫歯にならないための食生活、オヤツ選びも、大事ですね。

これがなかなか…

虫歯にならないオヤツというのは、子どもが好きじゃないものばっかり、っていうね笑

それについてもまた書きたいと思います。





はてなブックマークお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらの記事もどうぞ↓
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp

1000冊以上の児童書を集めた我が家が絵本をおすすめしていく vol6 〜安野光雅〜

f:id:LegoFamily:20180523231828j:plain

こんにちは。

我が家には、1000冊以上の児童書があります。

長男が生まれたくらいの頃から、コツコツ集め続け、毎月1万円は使ってきたでしょうか。

6年、7年と経つうちに、今ではすごい量の本棚になってしまいました。

せっかくなので、集めた中からおすすめの本を紹介していきたいと思います。

2週間に1回くらいのペースでおすすめしていきます。



はじめに

1000冊の中からどの本を選ぶか、毎回楽しんでいます。

前回はヨシタケシンスケの絵本を取り上げました。
www.familyblog.jp


今回は、安野光雅の絵本の紹介をしたいと思います。

安野光雅について

画家ではありますが、科学、数学、文学への知識も豊富で、超ハイスペックな絵本作家さんです。

美術教員を経て35歳で画家として独立、42歳で絵本作家としてデビュー。今、92歳でご健在。

日本だけでなく、海外でもかなり数多くの絵本や美術の賞を受賞してます。

全体的にどの絵本も淡い色合いで、とにかく、絵がすごく細かいし丁寧。

もともと数学が専門だったそうで、理系的なセンスも作品に表現されています。


ふしぎなたね

ふしぎなたね (美しい数学)

ふしぎなたね (美しい数学)


なまけものの男がぼーっとしていると、仙人が出て来て、ふしぎなタネを2つくれます。
1つ食べたら1年間はお腹が減らない、ワンダホーなタネ。

1つのタネを植えて木になると、2つのタネが取れる。

はじめは1つ食べて1つ植えてを繰り返していた男ですが、何年も繰り返して、やっといいことに気づきます。

ついに2つを植えて、その年は他の物を食べることに。

そしてタネを増やしていくために、男は知恵を絞り、一生懸命働き出します。

取り入れを手伝ってくれた通りがかりの女の人と結婚し(なんてラッキーボーイ)、子どもも産まれ、タネを売る商売もはじめ、運気は上々。

そこで台風に襲われて、数えるのも面倒なほどのタネたちは、だった10個になってしまいます。

ふしぎなタネも、台風にはかなわない。
終盤でいきなり現実的な厳しさに直面します。

文明が発達しても、我々の生活が自然環境に左右されるのは今も昔も変わらないですね。

天災はいきなり来ますから。

そのタネたちが無事に育ちますようにと祈る、男とその家族。

なまけものだった男の成長も感じられ、タネが増えていく過程では数字遊びも織り交ぜてあり、読み応えのある内容です。






はじめてであうすうがくの絵本

はじめてであうすうがくの絵本セット 全3巻

はじめてであうすうがくの絵本セット 全3巻


私自身が算数でつまづいたので、算数や数学について、かなり苦手意識があるので、反射的に構えちゃう。

でも子どもにはそうなってほしくないし、楽しいと思ってもらいたい。

主人がこれいいんじゃない?と見つけて来てくれた絵本です。


『算数だけでなく他の学問全般に共通する考え方を教え、発見や創造の喜びを分かち合い、たまには迷路にさそいこんでくやしがらせる、そんな本はできないものか』(本文あとがき引用)

そう考えて作られたこの本。

それは数学なんだ、と安野さんは言っています。

数学って、数量や図形に限定されるものではなく、語源では、知ること、ものの考え方、という意味だったそう。

本を開くと、そんな安野さんの絵本への思いがひしひしと伝わってきます。

未就学児に分かりやすくなるよう、丁寧に言葉を選ばれたんだろうな、と感じました。

絵本ではありますが、テキスト感覚な内容です。


ボリュームのある内容とページ数なので、お子さんのペースで無理なく読み進めていくのが良いかと思います。


『なかまはずれ』
何をもって1とするか、ということについて、色んな見方を教えてくれます。

『ふしぎなのり』
何かと何かをくっつけたり離したりする作業によって起こる、面白い組み合わせの発見を教えてくれます。

『じゅんばん』
順序を意味する数について考える章です。
この章は足し算や引き算にも使えます。親としては色々応用させたい気持ちも出て来ますが、ここでは順序だけを問題にしていく方が、子どもが混乱せず学べるそうです。


『せいくらべ』
距離、水の量、時間などの数値を、一本の棒に見立てて比べるグラフの、最も基本的な考え方を、せいくらべを例にして教えてくれます。

最後の、大人向けの章ごとのあとがきも面白いですよ。
先にあとがき読んでから、本編読む方が、より絵本への理解が深まっていいかもしれません。




おおきな ものの すきな おうさま

おおきなもののすきなおうさま (講談社の創作絵本)

おおきなもののすきなおうさま (講談社の創作絵本)


私個人的には、原色を使った元気溢れる絵の本が好きで、そんな絵本を選ぶタイプだったのですが、子どもの頃にこの本を読んだのを覚えていました。

なんでこの本を覚えていたのかなー、と思いながら、子どもの頃には読まなかったあとがきを読んでみました。

人間が作ることが出来るもの。
ガスタンクほどのコーヒーカップ。
電柱ほどもある鉛筆。
体がすっぽり入る靴。
巨大なピラミッド。

だけど、大きな植木鉢に植えても、小さなチューリップの球根から大きな花を咲かすことは出来ない。
花1つ、虫1つ、かけがえのないものと思って欲しい、という思いが込められていたんですね。

確かに。
子どもの頃の超メルヘンな私の頭には不思議なお話だったのかも、と思いました。
現実離れしているようで、実はすっごく現実的なお話だったんだな、と。

何でも大きなものじゃないと気が済まない王様の家も、身の回りの物も、いちいち大きい。

とても1人では持てない巨大なナイフとフォークで召し上がるのは、朝ごはんに食べるのは小さな(みんなのよく知る大きさの)りんご1つ。

大きな大きな釘抜きを作らせ、やっとのことで抜けた、小さな虫歯。

大きな植木鉢に植えたら大きな花が咲くだろう、と心待ちにしている王様。

周りの人、早く現実教えてあげて!とも思うけど、自分で気づくってすごく大切なことですからね。

最後に、巨大すぎる植木鉢にかわいいかわいいチューリップの花が咲いて、びっくりしている王様の表情がなんとも可愛いです。




面白ければ、はてなブックマークお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらの記事もどうぞ↓
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp

ヘルシオホットクックのおいしいレシピ、おいしくないレシピ

f:id:LegoFamily:20180523231828j:plain

こんにちは。

4人目を妊娠して以来、家事の時間を短縮するためのアイテムをいろいろと試しています。

以前、自動調理器のヘルシオホットクックの記事を書きました。
www.familyblog.jp

最近は2日に1回はホットクックで調理しています。
今回は、このホットクックの定番メニューから「おいしいレシピ」「おいしくないレシピ」をはっきり書いちゃおうと思います。



肉じゃが



無水調理代表のメニューです。
無水を売りにしているだけあります。とても美味しかったです。
子どもと取り合い。

野菜もお肉も柔らかくて、短時間で味を染み込ませてくれるので、最高でした。

何回かリピしてます。

ボルシチ





近くのロシア料理店のボルシチ、息子が大好きで、家でも作ってみようと思い、一年くらい前に普通の鍋で作りました。

美味しかったけど、ビーツのゴロゴロ感がどうしても食べにくさを演出してました。

なのでホットクックで再チャレンジしてみました。

ビーツもその他の野菜も安い肉も超柔らかく、美味!!

大成功でした。


カレー


ホットクックのレシピにある無水カレーは美味しい!という記事をいくつか読んだので、作ってみました。

素材の旨味ってこれか、と納得。
とても美味しかったです。

トマトを入れるので、好き嫌いは多少出るかもしれませんが、長男は、いつものカレーよりも美味しいと喜んでいました。

トマト嫌いな次男も一応食べれてました。

私はいつものカレーよりもこの無水カレーが美味しいと思いました。


ビーフシチュー


作ってみて、美味しすぎて、リピしました。

市販のルーを使って作るビーフシチューは、実は苦手で、ほとんど作ったことはありません。

ホットクックのレシピに入っていたので、試しに作ってみたら、超美味しいではありませんか。

二度と市販のルーは買わない。

ちなみに、じゃがいもが大きいと食べにくいかなと思い、少し小ぶりにしたら、ほとんど溶けてなくなってました。

無水系は野菜が大きくても柔らかーくなるので、小さくしちゃうと原型がなくなるんだと知りました。

リピしてるのに写真ない。食べることしか考えてなかった…


豚の角煮



自力でやるには面倒臭くてやる気の起こらない豚の角煮。

ホットクックでやってみました。

油抜きもホットクックでやれますが、油を捨てる為に一度肉を取り出して、などの手間はあります。

でもあとは材料突っ込んでボタン押すだけ。

ちょっと味が薄い気がして、調味料足して、少し追加で加熱。

柔らかーーーい、美味しい角煮が出来ました。

きんぴら


無水できんぴら。

根菜も短時間で柔らかくなり、味もしっかり付いてました。

旦那は、別にホットクックできんぴら作らなくてもいいよね、ってレベルの味だね、と言ってましたが。

私は普通に美味しかったです。


シチュー


無水メニューではありませんが、私はホットクックのシチュー、美味しく作れて満足でした。

ルーを使わずに作るレシピです。

私も旦那も市販のルーで作るシチューが好きじゃないので、普段はほとんど作ってません。

でも、これはまた食べたい!!と思えるお味でした。

なのに、子どもたちには不評。というか、見た目で無理、と。失礼な。

美味しいから一口だけでも!と無理やり口に入れてみたけど、3人とも一口食べて、やっぱり無理、って。

もう母ちゃんは意味分かんないよー。

せっかく美味しいのに子どもたち食べてくれないなら、しばらく作れません…

ロールキャベツ



無水レシピではありません。

先にキャベツを茹でたり、ミンチをこねたりと、やる事は多少あるので時短かと言われたらそんなに時短ではないかも。

でも、すごく久しぶりに作ってみたくなったので、作ってみました。

味は美味しかったです。長男と旦那は良く食べてました。

でも、無水ではないからか、キャベツが悪かったのか…キャベツが噛みきり辛い。

子どもたちはキャベツ残してました…

キャベツだけは残念な結果。

追加加熱すればよかったかなー…そしたらお肉が固くなってきちゃうのかなー…調べて、次はもう少し上手く作りたいです。

ぶり大根



ホットクックがあまり得意でないという魚料理ですが、美味しかったです。

レシピそのままの時間でやると、味の染み込みがイマイチ(均等じゃなく、ムラが気になった)だったので、蓋を開け、混ぜて、追加調理五5分を2回繰り返しました。

そしたらバッチリ!美味しく頂けました。

子どもたちもモリモリ食べました。嬉しかったぁ。

海鮮蒸し


蒸し料理のレシピ集の中にあり、作ってみました。

パパと長男が、美味しい美味しいと食べてくれて、私の分が…

家族が喜んでくれたのが何よりです。

使う調味料は、塩胡椒とお酒大さじ1。

すっごく簡単で時短なメイン料理で、これはまたリピートしなきゃと思いました。


サンマの骨まで柔らか煮



イワシで作るレシピだけどサンマでも美味しい、とのことで、我が家はサンマが好きなので、作ってみました。

臭いに敏感な息子は、食卓に置いた途端、臭いが無理、と。

旦那も「美味しいよ」と言いつつ、そんなに箸進んでないんじゃないの?

家族の中で唯一、2歳の娘は、「おかたな!(お魚って言ってるつもり)もっと!おかたなちょーだい!」と、モリモリ食べてくれました。

偏食次男も、長男が嫌がった為に完全拒否。

魚苦手な私でも食べれたけど、やっぱりちょっと臭かったかな…もっと生姜入れれば良かったかな。

でも、本当に骨まで柔らかーくなってて、2歳の子でも骨を気にせずむしゃむしゃ食べれて、そこはとても良かったです!

焼き芋



次男が幼稚園で芋掘りに行き、さつまいもを持って帰ってきました。

その芋で焼き芋して!!と言うので、ホットクックでふかし芋やってみました。

蒸し皿なしで、水100CCほど入れ、手動→蒸し→18分

芋の大きさにもよると思いますが、小ぶりの芋を4つ入れて、竹串が通るのにこれくらいの時間必要でした。

そして、ちゃんとホクホクのふかし芋になりました。

でも、売り物用の芋じゃないし、小さめだったからか繊維がバキバキで、甘さもほとんどなく、こんなに食べにくいふかし芋は生まれてはじめて。

芋が悪かったですね。残念。

リベンジしなきゃ。

焼き芋を楽しみにしていたメンズたちは、一口食べて、もう要らないって。

普段なら怒ってますが、確かにこれは食べれない。
ほぐして、さつまいもケーキにしました。





まとめ


今回は、ホットクックのレシピ集から定番メニューをいくつか作り、個人的ですがお味の評価をしてみました。


無水を売りにしているので、無水調理のメニューは外れなく美味しいですね。

野菜を使うのもはより美味しいです。

味が薄いかなと思うことはあるので、調味料を足して追加調理することはしばしばあります。

こればかりは好みなので、味見して確認してください。

まだまだ作りたくても作れてないレシピがたくさんあるので、これからチャレンジしていきたいです。


チャレンジしていない食材といえば、我が家は旦那様が鶏肉を好んでいないので、上記のメニューに鶏肉料理がないんです。

結婚してから鶏肉料理はほとんど作ってきませんでした。
(ちなみに子どもたちは唐揚げ大好きです。旦那がいない時とかモリモリ食べてます。)

でも最近、ケンタッキーに強制的に連れて行かれる機会があり、強制的に鶏肉を食べることになった旦那。

そして、「俺、意外と鶏肉大丈夫になったみたい」と言い出しました。

さっそく、ホットクックで鶏肉料理を解禁してみようかな、と企んでいます。




はてなブックマークお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらの記事もどうぞ↓
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp

【4コマ漫画】父と子どものチューの関係

f:id:LegoFamily:20180523231828j:plain

こんにちは。

我が家の子供たち(7歳♂,4歳♂,2歳♀)のやり取りがとても楽しいので、定期的に4コマ漫画を書いています。


父と子どものチューの関係




兄の背を見て育つ妹





2週間に1回くらいのペースで4コマを描いています。


面白ければ、はてなブックマークお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらもおすすめです↓
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp

保存版!平成末年の家事「4種の神器」とは?家事を効率よくやってテレビドラマを見よう!

f:id:LegoFamily:20180523231828j:plain

こんにちは。

4人目を妊娠して以来、家事の時間を短縮するためのアイテムをいろいろと購入してきました。

じつは私、「機械や道具に頼るなんて!」って気持ちもありました。

しかし、そうも言っていられない状況になってきたのです。
ただでさえ、いっぱいいっぱいのこの状態で、4人目が産まれるのです。


これ以上家事に追われて子供との時間を疎かにしたくもない。
アメリカのドラマ24を毎日ゆっくり見たい。


そう思った私は、ついに時間短縮アイテムの導入に踏み切りました。
我が家では時短アイテムの中から、最高の4つを「4種の神器」と呼んでいます。
今回の記事は、4種の神器についてまとめました。


圧倒的な時間の節約「ドラム式洗濯乾燥機」

www.familyblog.jp


これは、かーなーりーの時間の節約が出来てます。

家族5人分ですからね。
もうすぐ6人分になりますが。

しかも子どもがまだ小さいのでやたら汚れ物が出ます。

私の体調がどれだけ悪くても、洗濯物は山盛りになるわけです。

そして代わりにやってくれる人は誰もいない。

干す作業をしなければ決して乾くことのなかった山盛りの洗濯物たちが、ボタン1つで完璧に乾いてくれる。

秋半ばの今も、1日2〜3回、回してます。


1日30分は節約できる「食洗機」

www.familyblog.jp


これも、家族5人分だと毎回シンクは山盛り。

しかも、よく食べる…

私が必死の思いで作った料理、プラス、いつも何かしら食べたいと言うので、また食器を使う羽目に。

バナナとミカン(皿を使わず自力で皮むいて食べれる物)を常備してるにも関わらず、他にもっと何かない?って、君たちの胃はどーなっとるんじゃい!!

それが嫌で多めに作ると、今度は食べない…もう腹立たしいことこの上なし。

その時食べない物は次の日も食べないので私が残飯処理するはめになるし。

残飯がたくさん出るほど悲しいことはないので、結局、ご飯のあとに足りない場合に、また皿を出してきて何か食べるという流れになるんです…

そんな我が家なので、毎回食器は山盛りなのです。

今は妊娠のせいで坐骨神経痛も辛く、立っているのも痛い時があるので、立ち仕事である食器洗いを短時間で済ませることが出来て、大変ありがたく感じています。

みじんぎりの神「ぶんぶんチョッパー」

www.familyblog.jp

調理の手間を減らす、時短調理器具。

私のみじん切りより、圧倒的な細かさ。

それをだった10秒ほどでやってのける。

そして、電気要らず。

マイナスポイントをあげるとすれば、鋭い歯の部分が洗いにくい…

ので、肉とかチーズとかをぶんぶんチョッパーにインするのは控えてます。

私は野菜のみ使用してます。

でも、ドジな私でもまだ手は切ってません。


ボタンポチで自動で料理ができる「ヘルシオホットクック」

www.familyblog.jp


これは、買う前に一番悩んだ家電かもしれません。

お値段が高いということ。

普段から料理にそこまで手をかけていないので、ホットクックを使うからといってそんな時短にならないんじゃないか、という懸念。

炊飯器くらいの大きさなので、うちの狭いキッチンだと場所を取る。

って、旦那と何度も相談して…買ってみて…ホットクック様に何度も助けてもらっています。

買ってよかった!!

材料入れてボタンを押すだけなので、キッチンに立っている時間が確実に減り、負担も減りました。

子どもたちも、旦那も、ホットクックの味でも美味しい!と食べてくれています。

短時間で安いお肉がやわらかーくなるので、安いってこともバレませんよ。




まとめ


四人目を出産するにあたり、近くに助けを求められる親族もいないので、自力で何とかするしかない!と、少しずつお助け家電を揃えている我が家の、4種の神器を紹介しました。

4種揃えても、時間に追われてヒーヒー言ってるので、私は効率悪いタイプだと自負していますが。

それでも、家の中のはちゃめちゃ具合が、以前よりマシになっているとも感じます。

家事にひと段落つけて、子どもと外に出かける時間も早くなりました。

時間ない!もう今日は外食だ!惣菜だ!という日も減った気がします。

夕飯のあとに子どもと遊んだり、ブログ書いたり、子ども同士で遊びに夢中になってたら海外ドラマ観たり、旦那とゆっくり話したり、そんな時間も増えました。

いくら子どもが大好きで、子どもの為なら、という気持ちがあっても、自分の為の時間を削るとストレスは溜まりますからね。

夜起きていられるなら、そこで自分時間を確保出来ますが、日中動き回ってるので、子どもと一緒に寝てしまいます。

朝は子どもが早起きなので、起こされて起きるか、同時に起きるか。

なので、少しでも自分時間が作れると、本当に嬉しいし、充実感も増します。

4種の神器によって出来た時間の余裕で、以前よりも自分が納得できる時間の使い方が出来ていると思っています。

それにしても、海外ドラマ『24』面白すぎて…時間泥棒感が半端ないけど、観ちゃう。
旦那は寝不足になる日も。おバカ。

遅ればせながら、今、夫婦でハマってます。



はてなブックマークお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加


こちらの記事もどうぞ↓
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp
www.familyblog.jp